オタクの雑記

散歩・旅行・その他諸々趣味について綴っていきます

【プラレール】歴代の橋脚

またプラレールの話です。
収集を始めてウン年、結構古い品が集まってきたので、今回はその中から橋脚を取り上げます。
プラレールのオタクの中でも橋脚をピンポイントで取り上げてる人は私くらいのものかと思います。

まずはこちらから↓
f:id:Nayuho:20180110213141p:plain
品名「橋ゲタ」「はしげた」
左・1959〜60年代中盤
右・1964〜74年頃
最初期の橋桁。青い方が「プラスチック汽車レールセット」や単品の「橋レール」に付属していたタイプ、オレンジの方は1964年頃に発売された「電動用橋レール」に付属していたタイプです。
前者の単品発売は無かったようですが、当時のカタログを見ると後者は1974年頃まで単品6ヶ入りで発売されていたようです。

これ、単なる成型色違いかと思っていのですが。
f:id:Nayuho:20180110214622p:plain
高さが違います。金型違いのようです。
f:id:Nayuho:20180110214807p:plain
青い方はプラレールが手転がしで遊ぶおもちゃだった時代のものなので、電動化された時に車両が高架下を潜れなくなったから嵩上げしたのかな?と思って写真のように組んでみたのですが、全然そんなことありませんでした。
しかもオレンジの方は写真奥の「電動用橋レール」と高さが合いません(同封して発売されていたのに...)
なぜ嵩上げしたのか今となっては不明です。

この橋脚、見てわかる通りただレールを乗せるだけの単純なモノです。
f:id:Nayuho:20180110215218p:plain
上記の「橋レール」とはこれのこと。手転がし用の急な坂なので、電動車が一般化した後は絶版となりました。
「坂レール」で良い気がしますがカタログにそう表記されているので則ります。

お次。
f:id:Nayuho:20180110215437p:plain
品名「鉄橋レール」(に付属していた専用の橋脚) 1965〜74年頃
鉄橋を設置するためだけの橋脚です。
f:id:Nayuho:20180110215847p:plain
鉄橋と組んでみるとこんな感じ... ですが、見ての通りレールがハマりません。
古いモンだし変形したのかな?と思っています。いま使うとなるとレール側を削らないといけませんね。

f:id:Nayuho:20180110220235p:plain
品名「はしげた」 1975〜79年頃
2代目の単線橋脚。他に黄色い成型色のものもありました。
レールが固定されるように突起がついています。
f:id:Nayuho:20180110220635p:plain
初代ほどではありませんが、なんか頼りないですね。

そしてその頼りないところを改善したのがこちらです。
f:id:Nayuho:20180110220932p:plain
品名「単線はしげた」「単線橋桁」「J-13 単線橋桁」 1980〜80年代終盤
レールを完全に固定する爪がつきました。有能。奥のものは色違い個体。

f:id:Nayuho:20180110221801p:plain
品名「橋桁」(仮称) 1972〜2010年
ロングセラーだったレンガ積み風の橋脚です。単品発売は無かったはずなので品名は仮称としました。
これが付属していた商品は、古い順に
「プレートガーター」
「てっきょうレール」→「鉄橋」→「J-03 鉄橋」
「大てっきょうレール」
「大鉄橋」→「J-04 大鉄橋」
「J-04 ニュー大鉄橋」
「J-20 ガーター橋」
そしてその他諸々のセット。「ニュー大鉄橋」が「大きな鉄橋」に置き換わる際に橋脚も更新され絶版となりました。
f:id:Nayuho:20180110222857p:plain
「大鉄橋」を乗せたらこんな感じ。エモい。

f:id:Nayuho:20180110223334p:plain
品名「ふくせんはしげた」「ふくせん橋桁」「J-15 複線橋桁」 1968〜88年頃
プラレールの世界に複線システムが誕生したと同時に発売された橋脚。早期に絶版したと思っていましたが、商品番号が付く頃まで売られていたのは驚きです。
これの登場で高架複線が組めるようになりました。これもロングセラーでしたが、おそらく複線ブロック橋脚が発売されたあたりで絶版になったと思われます。
f:id:Nayuho:20180110223819p:plain
複線対応なのでもちろん複線レールを乗せる前提の構造です。

f:id:Nayuho:20180110224011p:plain
品名「ブロック橋脚」「J-14 ブロック橋脚」 1985〜現行品
レールを重ねられるようになりました。右のものは旧タイプ。
黄色、灰色の他に限定品などで色々なカラーがあります。

以下 番外編

f:id:Nayuho:20180110224626p:plain
2008年に発売された「ありがとう夢の超特急 新幹線ひかり号セット」に入っていた橋脚。高架レールと一体に見えるのでスッキリとした見た目です。

紹介してきた橋脚の他にもまだ未保有のタイプが残っているので、いつか全ての橋脚を揃えてみたいです。
以上、プラレールの橋脚についてでした。

おまけ 旧・高架レール↓
f:id:Nayuho:20180110224848p:plain

コミックマーケット93

あけましておめでとうございます。

2017年の年末は色々と濃かったので、一つの出来事に対して一つ記事を書いていきたいところです。
とりあえず、まずはコミケのお話です。

初日

晴天。明け方は雲がかかっていましたが開幕時間までには雲ひとつない青空に。
会場がベイエリアにあるので冬場はクッソ寒いのですが、晴れると日差しで暖かくなれるので良いですね。
ただ風が強すぎてエラい寒かった覚え。

某壁サークルに長蛇の列が出来ていて、購入まで1時間半並んだのはキツかったですね。
東1ホールのトラックヤード、植木側にいるとSoftBankDocomoも回線がガバガバになってツイッターの更新すらままならない感じでした。並んでいる間に通信手段が悪くなると仲間との情報共有に支障が出るので辛いです。実際支障が出ました。

二日目

またもや晴天。
壁を含めて数サークルをちょちょいとおつかいへ。女性参加者向け(伝われ)の島中を回ったので厳しいお気持ちになりました。
開幕前にはコスプレ参加をしてるフォロワーさんに遭遇しました。けものフレンズフェネックをやってました。

この日は諸事情で文字通り走り回ったので(もちろん会場内では走ってませんよ)、ホテルに備え付けの足マッサージ機で延々足を癒してました。良いですね、マッサージ機。

三日目

打って変わって曇り。それどころか雪。開幕直前のトラックヤードは極寒の地でした。
シャッターと壁をハシゴです。
この日は閉幕まで会場内にいました。
色々あってビッグサイトを出たのは19時過ぎ。
毎年冬コミの終わりになると「大晦日に何してんだ」って思いがよぎりますが、エロ本を両手両肩にぶら下げてりんかい線に乗ってる時の僕は幸せそうでキモい顔になってると思います。

2020年のコミケ開催について報道が出ましたね。どうなることやら。

以下、駄文

二次創作本も良いけどオリジナルのイラスト集とかを買うのが楽しくなってきた。もっと買いたい。
眼鏡っ娘で黒タイツとかだとなおさら良い。女子高生。ニーソ。おぎゃあ。

MacOSでMySQLにデータベースを追加

大学でMySQLにデータベースを追加してなんやかんやするみたいな授業があったのですが、Windows準拠の内容で「?w」というお気持ちになったので、Macでどうやるのか調べてみました。

だいたいこういう事はすぐ忘れるので備忘録のつもりで書いておきます。

 

はじめにMySQLにログインしてどこのディレクトリに置かれているのかを確認。

$ mysql.server start
$ mysql -uroot
mysql> show variables like 'datadir';
+---------------+-----------------------+
| Variable_name | Value           |
+---------------+-----------------------+
| datadir     | /usr/local/var/mysql/ |
+---------------+-----------------------+
1 row in set (0.01 sec)

 
/varの下にあるっぽい。
コマンドで色々するのがめんどくさいので、もう一つターミナルを開いてMySQLをFinderで開きます。

$ open /usr

↑これでFinderで/usr以下が開けます。
今回追加するデータベースは「World.sql」です。
mysql/binにぶちこめば使えるとの事なのでFinderでMySQLディレクトリを開いてみました。
 
が、/binが見つからないのでとりあえずMySQLディレクトリの直下にWorld.sqlをぶち込みました。
 
確認のためにMySQLに移動してlsを実行、Worldが入ってるのを確認。で、使えるようにする為のものっぽいコマンドも実行↓

$ cd /usr/local/var/mysql
$ ls
$ mysql -uroot mysql < world.sql

 
改めてMySQLを起動してデータベースを確認します。

$ mysql.server start
$ mysql -uroot
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database       |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
| world              |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

入ってますね。Worldデータベースを使ってみます。

mysql> use world;

試しに京都の都市を表示するSQL文を入力。

mysql> SELECT * FROM city WHERE district = 'kyoto';
+------+---------+-------------+----------+------------+
| ID   | Name    | CountryCode | District | Population |
+------+---------+-------------+----------+------------+
| 1537 | Kioto   | JPN         | Kyoto    |    1461974 |
| 1644 | Uji     | JPN         | Kyoto    |     188735 |
| 1768 | Maizuru | JPN         | Kyoto    |      94784 |
| 1775 | Kameoka | JPN         | Kyoto    |      92398 |
+------+---------+-------------+----------+------------+
4 rows in set (0.00 sec)

こんな感じ。
 
これでMacでもMySQLのWorldデータベースが使えるようになりました。
やる事は済んだので、ログアウトをしてサーバーをストップさせます。

mysql> exit
Bye
$ mysql.server stop
Shutting down MySQL
.. SUCCESS!

ハイ。
ちなみにログアウトは「mysql> quit;」でも出来ます。
 
Windows準拠の授業はやめてほしいですね(ワガママ)(Macユーザー並みの感想)

東京駅前広場が(ほぼ)完成したので見に行ってきた話

土曜日、朝から綺麗な晴空で散歩日和みたいな陽気だったのですが、特に出かける理由もないので引きこもろうとしていました。

というところでこんなニュースを発見。

www.asahi.com

東京駅前丸の内広場が完成したそうじゃないですか。

www.metro.tokyo.jp

正確には7日に完成するみたいですが、三角屋根時代から何度も見てきた東京駅周辺の工事がついに終わると思うと居ても立っても居られず、見に行くことにしました。

f:id:Nayuho:20171204133648p:plain

iPhoneのパノラマ撮影を使って撮影。影がかかる時間だったのでめっちゃ補正をかけて明るくしてます。

f:id:Nayuho:20171204133956p:plain

行幸通り側から。空が思いっきり白飛びしてるのが痛いです。

ともかく、ついに行幸通りから東京駅駅舎を一望できるようになりました。良い眺めです。

f:id:Nayuho:20171204134311p:plain

東京中央郵便局の屋上から広場を撮影。綺麗になりましたね。

以下、過去の写真

f:id:Nayuho:20171204134549p:plain

今年の7月16日に撮影したものです。工事用フェンスの有無だけで印象が変わりますね。

f:id:Nayuho:20171204134803p:plain

同日の広場。この当時はもう完成したもんだと思ってましたがまだ工事色が強いですね。

広場の完成で東京の玄関口としてふさわしい場所になったと思います。

【プラレール】摩擦ゴムの交換

先日「ライト付きひかり号」を不動品として入手したのですが、旧動力の不動品というと大抵はモーターのグリスが固まっているだけなので、電池を入れて動力伝達用のギアをゴリゴリ回してみました。

案の定復活したのですが、ギアについている摩擦ゴムが劣化していたので写真のようにボロボロになっていまいました。

f:id:Nayuho:20171127133418p:plain

硬化してギアにまとわりついてたので、鋭利なピンセットを使って除去。

f:id:Nayuho:20171127134651p:plain

(取れなかったところがあるけど)まぁええわ(適当)

 

というわけで代用できそうなものを買ってきました。

f:id:Nayuho:20171127134800p:plain

比較のつもりで二種類。東急ハンズで内径5mm・外径7mmのシリコンチューブを20cmと、チューブと同じくらいの内径のオーリングシリコンを購入。

比較した結果、チューブの方が良いかなと思いこちらを使うことにしました。

f:id:Nayuho:20171127135208p:plain

はめてみました。若干緩めだったので内径4mmの方が合ってたかなと思いましたが、走らせても脱落しなかったのでヨシとします。ちなみに車輪のゴムも硬化していたので新品に交換しました。

 

家でレイアウトを組んで走らせる事があまりないので運転会で走らせられたらいいなと思います。

【プラレール】青いD51と青鼻ひかり

趣味のひとつにプラレールがあります。男の子なら小さい頃に一度は遊ぶかもしれませんが、そこからめり込んで大人になってからも遊び続ける層が一定数いるみたいです。(私がそうです)

 

とは言っても、昔みたいに部屋でレールを広げて走らせるという事はもうやらなくなりました。ここ数年はコレクションと改造の方を主としています。

プラレールは再来年で誕生60周年となるロングセラーのおもちゃです。なので入手困難品が数多とあります。

その中でも運良く入手する事が出来た品を2つ紹介します。

f:id:Nayuho:20171013014059p:plain

まずはこちらから。昨年ひょんな事から手に入れる事が出来た激レア品、青いD51です。残念ながら箱は無く、本来赤い貨車に載るはずの自動車も無ければ貨車は2両とも連結器が欠品という状態です。

f:id:Nayuho:20171013014556p:plain

比較用に黒いのと並べてみました。

1973年の1年間のみ、単品とセット入りでそれぞれ世に出回ったという情報があるだけで、ファンの間では幻のプラレール扱いされているようです。

余談ですが単品の商品名は「D51きしゃ」です。セットでは「全自動ふみきりセット」に入っていた事が確認されています。もしかすると同時期に発売されていた「D51きゅうこうれっしゃセット」「D51きゅうこうれっしゃ高架セット」にも入っていたのかもしれませんが、こちらは未確認です。単品及び全自動ふみきりセットが貨車牽引なので、客車入りのセットには入っていなかったとも考えられます。

 

なぜ青色で発売されたのか、なぜ1年で生産が打ち切られたのか、などと少し思うところはありますが、"いくらおもちゃとは言え蒸気機関車で青色はありえないだろう"みたいな判断が当時のトミー社内であったのかなと想像してみます。

1973年というと国鉄から蒸気機関車が次々と引退していった時期です。SLブームの世では色違いは邪道扱いだったのかもしれないですね。

f:id:Nayuho:20171013015226p:plain

単なる色違いバージョンと言えばそれまでなのですが、ご丁寧にモーターボックスまで青色で塗られています。見栄えを考慮したのでしょうか。

この青D51、ネットに上がっていないだけで現存個体はまだありそうな気もしますが、なんせ40年以上前に1年間のみ発売された商品なので現存数が少ないのは間違いありません。

ちなみに可動品です。牽引力は低いものの今でも元気に走ります。

f:id:Nayuho:20171013015951p:plain

運転会に参加する時はちょいちょい走らせています。

 

続いて2つ目。

f:id:Nayuho:20171013021237p:plain

青い鼻の0系。「プラレールのすべて」によると発売時の商品名は「ニューひかり号」で、単品としては1978〜80年の発売です。

が、車両には「1976」との刻印があります。実は単品に先行して1976年発売の「ひかり号こうかセット」に入っていました。また、1979〜82年に発売されていた「複線自動ステーション」、70年代発売の「プラレール基本No.2セット」にも入ってたみたいです。

公式の年表と違って実際には6年間世に出回っていたみたいですが、それでも単品での発売はたった2年とレア度は強いです。

 

おもちゃらしくも実物っぽく見える青鼻で登場した「ニューひかり号」ですが、1980年以降に金型が改修されてライト付きのものに変わってしまいました。

f:id:Nayuho:20171013022916p:plain

ライト付きと並べてみました。

こう見ると青い鼻は少し上品っぽさがありますね。おもちゃと言えど実物の0系らしさが出ていて好きです。

ちなみにこれも可動品です。

f:id:Nayuho:20171013023540p:plain

先日の「第2回 鉄道模型広場 in ルミエール府中」での一コマ。新幹線レーンで走らせて頂きました。ほぼ40年モノのモーターなのに元気で何よりです。

 

プラレールの記事、今後何度か書くと思います。以上。

夏休み総括

あと10日ほど休みが残っていますが、9月に入ってしまった事や気温の急激な低下など、夏っぽさがパッタリと消えてしまったので、少々早いですが夏休みを纏めてみる事にしました。言い方を変えると「なつやすみのにっき」です。

 

8月3日

夏休みが始まる直前でしたが、気分的にはもう休みだったので夏休みに含めます。

オタクたちと江ノ島で海水浴をしてきました。オタクなので海水浴とは全く縁がなく、小学校の臨海学園以来の海となりました。海水浴が出来る範囲のギリギリまで行ったり、浮き輪に揺らされて波に流されたり、眼鏡を海底に沈めて失うなど、夏の始めとしては最高のスタートになったと思います。

ちなみにめっちゃ日焼けしました。

 

8月10-13日

夏の一大イベント、コミックマーケットに参加。

詳しくはこちらへ→コミックマーケット92 - オタクの雑記

 

8月15日

けものフレンズオタクのフォロワーとお出かけ。けものフレンズカフェ、井の頭自然文化園けものフレンズがーでん、ニコラジの小野早稀さんアシスタント回を観覧と、けものフレンズ一色の1日を堪能しました。楽しかったです。

この日は大雨でした。

 

8月19日

上野の国立科学博物館で開催されている特別展「深海2017」へ。

非常に面白かったです。ダイオウイカの標本は圧巻でしたね。他にも色々な生物の標本、海底調査の概要、調査に使用される船舶の模型など濃い展示内容でした。10月まで開催されているので、気になる方はぜひ。

shinkai2017.jp

※11/17追記 開催終了に伴いリンク切れ

 

8月20日

町田市で開催されたプラレールの運転会に参加しました。小田急線のプラレールがズラッと並ぶ運転会でした。

この事については別に記事を書こうと思います。

 

8月21日

再びけものフレンズカフェへ。渋谷マルイの出張店、hmv museum × PPP CAFEとけものフレンズコラボ店を3店舗ハシゴ。

 

8月23-28日

三重県へ帰省。24日は四日市を散策(四日市駅周辺散策 - オタクの雑記)、26日は京都で動物園に行ったり、美味しいわらび餅を食べたりしました。それ以外の日は基本実家でダラけてました。

 

9月1日

池袋PARCOで開催されている「けものフレンズ 吉崎観音コンセプトデザイン展」へ。

中々闇の深い設定を見る事ができて満足です(スナネコ)

 

9月3日

某公園にて金属探知。地中から計44円を掘り出しました。こういうのってなんで埋もれてるんでしょうね。不思議です。

 

今年の夏休みは出かけてばかりの印象だったのですが、日付ごとに纏めてみるとやっぱり出かけてばかりだったという事が判明した感じです。家でダラダラしてるのも良いですが、外に遊びに行くのも楽しいですよ。引きこもってちゃダメです。オタクはモリモリと外に出ましょう。