読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けものフレンズ(2)

f:id:Nayuho:20170331025932j:plain

放送が終わってしまいました。

 

こんなにも毎週が楽しみだったアニメは本当に久々です。

 

けものフレンズプロジェクトの更なる展開に期待しています。

近代建築・廃駅巡り

水曜日にかねてからやろうと思っていた近代建築と廃駅巡りをやってきました。「巡り」と言っても散歩ついでに寄るみたいな感じです。

都内の近代建築と言えば東京駅(1914年)や上野駅(1932年)、国会議事堂(1936年)などが有名ですが、その他にも結構ゴロゴロあります。

写真が多いので今回はわりと長いです。

 

という訳でハイ↓

f:id:Nayuho:20170224035639j:plain

飯田橋駅からスタートします。現在飯田橋駅ではホームの移設工事を行っており、その前段階工事として昨年夏に西口が移設されました。上の写真の奥で線路上を横切っているのが新西口です。見ての通り湾曲したホームなので、旧西口がホームの中央に来る形で200m新宿方に移設する事になっています。

写真左に写る緩い坂は貨物駅だった飯田町駅の引き上げ線で、機関車の機回しに使われていたみたいです。ちなみに飯田町駅は1999年に廃止されています。結構最近ですね。

飯田橋駅は牛込駅(後述)と飯田町駅旅客ホームを統合し1928年に開業しました。

f:id:Nayuho:20170224040717j:plain

ホーム上屋が古レールとトラスで構成されています。えっちだ・・・w

f:id:Nayuho:20170224041214j:plain

駅を出て牛込橋から新宿方面を写します。丁度この真下にある線路の間の空間にホームが出来ます。その準備なのか柵みたいなものが置かれてますね。

f:id:Nayuho:20170224041902j:plain

飯田橋駅を出て少し歩くと、牛込駅駅舎跡が見えます。奥の薬局が駅舎跡みたいです。

調べてみると駅舎と言うよりは切符売り場と跨線橋入り口が並んで立っていたみたいなのですが、なんせ廃止が1928年なのでこれといった資料が少なく確かではありません。

ここから飯田町駅跡に向かいます。

f:id:Nayuho:20170224043259j:plain

田町駅跡地は「アイガーデンエア」という複合施設に再開発されており、痕跡がほとんどありません。昔ここには駅があったんやでと言いたげな線路がモニュメントとして埋められています。航空写真で見てみると中央線に当たる角度的に当時の線路をそのままの位置で再現したというわけではなさそうです。

ちなみに中央線との分岐地点は再開発されずに保線車両の留置線として再利用されているのが車内から確認できます。

飯田橋〜水道橋間で、線路と並行している神田川から分岐して日本橋川という川が流れ始めます。この川を中央・総武線が跨ぐのですが。

f:id:Nayuho:20170224044656j:plain

それを跨ぐ鉄橋、小石川通り架道橋はなんとトラス橋です。煉瓦造りの桁がえっちだ・・・w

日本橋川の両側は道路になっており、ここを跨ぐガーターがあるのでそれを観察してみます。

f:id:Nayuho:20170224045055j:plain

「HARKORT. DUISBURG-GARMNY. 1904.」

1904年、ドイツ・ハーコート社製のものでした。中央・総武線の後期開業区間はハーコート社のものが多いみたいです。

 

日本橋川を辿って、近代建築を見に神保町へ向かいます。f:id:Nayuho:20170224045946j:plain

道中に見つけた建物。なんの店なのかは知りませんが店名が右書きです。調べてもあまり出てこないのでマイナーな近代建築なんだと思います。

鵜澤商店がある道をまっすぐ行くと靖国通りに出ます。靖国通りをちょろっと歩いてグイッと曲がり内堀通りへ。

f:id:Nayuho:20170224050850j:plain

九段会館。1932年竣工。立派な近代建築です。このような洋風な外観に瓦屋根を乗せた建物を帝冠様式と言うそうです。

九段会館東日本大震災の影響で廃業、現在に至るまで閉鎖されており、今後は一部保存の上で建て替えするとかそんな事が言われています。

f:id:Nayuho:20170224051913j:plain

内堀通りに面したエントランスは重厚な造りの扉で閉ざされています。

f:id:Nayuho:20170224052454j:plain

美しい装飾、誇らしくないの?

 

九段会館を数枚バシャバシャ撮って、次の近代建築を見に行きます。

f:id:Nayuho:20170224052935j:plain

旧相互無尽会社ビル。1930年竣工。神保町の一角に残る近代建築です。所有者が何度か変わっていて結構改修が加わっているみたいですが、基本的には竣工当時のままみたいです。

少し歩いて白山通りに出ます。

f:id:Nayuho:20170224053608j:plain

学士会館。1928年竣工。国の登録有形文化財に指定されています。

f:id:Nayuho:20170224054605j:plain

靖国通りに戻り、一誠堂書店。1931年竣工。美術関連が中心の古書店

リベットが丸出しだったり装飾が緑色で統一されいたりと特徴が多い建物です。店名はもちろん右書き。

f:id:Nayuho:20170224054917j:plain

一誠堂書店には1940年オリンピックの国旗掲揚器が残っています。

次に御茶ノ水駅に向かいます。

f:id:Nayuho:20170224055312j:plain

御茶ノ水駅駅舎(御茶ノ水口)。1932年竣工。地味な存在ですがこれも立派なモダニズム建築です。現在御茶ノ水駅では改良工事が行われているので、いずれ壊される運命なのでしょうね。

f:id:Nayuho:20170224060016j:plain

側面から。うーん、地味!w

f:id:Nayuho:20170224060259j:plain

聖橋口側の跨線橋。アーチを描いた屋根が特徴的です。見た感じ木造でしょうか?

f:id:Nayuho:20170224060616j:plain

御茶ノ水駅から神田駅方面に中央線沿いを歩きます。

f:id:Nayuho:20170224060813j:plain

中央線が外堀通りを跨ぐ直前に4連煉瓦アーチがあります。ここには1908年〜12年の間、昌平橋駅が存在していました。1面1線の仮駅で、機回し線があった程度の小さい駅だったそうです。

f:id:Nayuho:20170224061312j:plain

仮駅とは言っても当時の甲武鉄道の起点です。高架橋の装飾が凝ったものになっています。

昌平橋を渡ると、外堀通りの上に総武線の松住町架道橋が見えます。

f:id:Nayuho:20170224061607j:plain

松住町架道橋は1932年竣工。総武線が両国から御茶ノ水まで延伸された時に架けられた二重アーチトラス橋です。えっちなんだな・・・w

f:id:Nayuho:20170224062619j:plain

昌平橋架道橋の下にマンホールがあったのですが、右書きで「人孔」とあるので戦前モノっぽいです。しかし「人孔(マンホール)」とはなんとド直球なんでしょう。

f:id:Nayuho:20170224064608j:plain

万世橋駅跡の1912階段。その名の通り1912年竣工の近代建築です。

交通博物館があった頃はここの踊り場が休憩所として使われていて、ホームに上がる階段の方は壁で塞がれていました。閉館直前の末期になると窓が設けられて中が覗けるようになっていたと記憶しています。右手の壁際に自販機があって左手にベンチがあったような。

f:id:Nayuho:20170224065900j:plain

f:id:Nayuho:20170224065942j:plain

階段の途中とホームに面していたところの壁にはさり気ない装飾があります。この階段はここら辺がセクシー、エロい。

1935階段は地味なのでスルーします。

神田駅を目指して中央線沿いをスタコラ。

f:id:Nayuho:20170224070439j:plain

 神田駅に来ました。架線柱が高架橋上と地面から生えてるものの二本構成になっているのが前々から気になっていたので撮りました。

 

神田駅の先に今回の目的地が見えてきます。

f:id:Nayuho:20170224070858j:plain

「今川小路」

f:id:Nayuho:20170224071148j:plain

白幡橋高架橋のガード下に残る戦後のバラック飲み屋群です。この時点で東京都心とは思えない雰囲気。

f:id:Nayuho:20170224071405j:plain

昼間なのに薄暗く異様な場所です。照明なんて蛍光灯ですよ。

f:id:Nayuho:20170224071708j:plain

住宅も兼ねているみたいですが、こんなカードの下に住居を構えていると電車の騒音が凄そうですね。壁面が剥がれて木の板が見えているところも。配管は丸出しです。

丸い飾り窓が施されている店もあり、ザ・戦後みたいなデザインにワクワクします。

f:id:Nayuho:20170224071936j:plain

中央線の電車がひっきりなしに行き交います。日中だと言うのに人影は全くなく、30分ほど写真を撮るためにウロウロしていましたが通る人は工事現場の警備員程度でした。

東北縦貫線の建設工事で半分は取り壊されてしまったそうですが、今でも残るこのバラック群にはいつまでも残っていてほしいものです。

というかここの線路沿い、よく散歩で通るのですが今まで全く気付きませんでした。

「今川」という地名は現在では消滅してしまいましたが、この今川小路や付近の今川橋交差点、今川焼きなんかにもその名前が残っています。今川焼きは神田発祥のお菓子なんですね。

 

今回の散歩の目的を果たしてしまったので、何か被写体になるものはないかと思いウロウロします。

f:id:Nayuho:20170224073317j:plain

外堀通りに向かって歩いていると、明らかに近代建築だなと思う建物が現れてビックリ。なんだこりは。

・・・ということでした(ケツデカピングー)

 

疲れたので銀座線を使って帰ります。

駅に降りてみると浅草方面に01系が発車していったところでした。たまげたなぁ。 

01系の折り返しに乗ろうと思ったのですが、先行列車に例の特別仕様車両が走っていたのでそれを待って乗り込みます。

f:id:Nayuho:20170224074348j:plain

渋谷駅で一枚。狭いホームなのに10人ほど鉄オタがいました。奥の留置線に後続でやってきた01系が小さく写っています。もう少しで引退するので貴重なカットになりました。

 

23区に残る戦前の近代建築を巡ってきましたが、御茶ノ水駅舎のように再開発で取り壊されていくものもあれば今川小路のように現在でも残るものがあったりと様々です。

文化財等に指定されていない近代建築も数あります。どれも永く残ってほしいですね。

夜の散歩

今週の月曜日深夜、もう春休みなんだしどっか出かけたりしようかなと思い、夜の街を散歩しに行く事にしました。大丈夫!夜行性だから!

 

地元を散歩するのも飽きたので都心の方に出ました。

どこを散歩しようかなど特に考えていなかったので、終電が近い時間に行ける所まで行って降りた駅から適当に歩こうかなと。

新宿まで出て、山手線の品川行きで品川へ。 

f:id:Nayuho:20170210221159j:plainここから始発の時間までふらつきます。

 

カメラを持ってきたので何か目についたものを撮ろうかと思い、第一京浜を田町方面に歩いてみたのですが全くグッとくるものが無く、それになんか歩いていて面白くもない。途中見つけた看板で「電線を地中化しました」と書かれているのを発見し、面白くない原因が分かりました。電柱と電線が無かったからですね。電柱と電線は被写体として大好きなモノです。とりあえず撮るものがないと電柱電線を様々な角度で撮るのですが、これがそもそも無いとなるとそりゃつまらないですわ。

 

東京タワーが見えてきました。

f:id:Nayuho:20170210222057j:plain

札の辻歩道橋に上がって一枚。深夜なのでほとんどのビルの灯りが消えていて、東京タワーが目立ちます。

ここから第一京浜を外れて芝公園方面に歩き、東京タワーを何枚か撮ろうかと思ったのですが良いアングルが見つからず微妙な気持ちになったので、環二通りから第一京浜方面へ。第一京浜は東新橋一丁目から山手線外に出るので、また第一京浜を外れて山手線の内側を歩きます。

明治時代に作られた高架橋に沿って歩いて有楽町付近まで来ました。

f:id:Nayuho:20170210223140j:plain二葉町架道橋です。

「二葉町髙架橋」と書かれたプレートと、今は使われていない電灯を見つけたので撮ってみました。いつ頃からあるものなのでしょうか。

同じ様式のプレートはないかなと思い、高架橋と交差する道があればそれをくぐるといった動きを繰り返し。

f:id:Nayuho:20170210224127j:plain内山下町高架橋で見つけました。今回見つけたのはこれだけですが、他にもあるかもしれません。

少し進むと晴海通りと交差する第一有楽橋架道橋が見えてきます。f:id:Nayuho:20170210225101j:plain歩道となっているアーチの下にレトロな佇まいの飲み屋があります。

f:id:Nayuho:20170210225847j:plain壁一面に貼られた古い映画のポスターとホーロー看板。最近の広告もありますね。ここの雰囲気は好きです。

ここからすぐなので、東京駅を目指します。

f:id:Nayuho:20170210230452j:plain東京駅の丸の内口は南北とも一日中開いてるみたいです。中に入って外を向き一枚。深夜なので当然と言えば当然なのですが、東京駅に誰もいないというのは不思議な感じがします。(写真がガバくてクソ)

この時点で4時でした。もう1時間ほどすると始発だな〜と思い、秋葉原で散歩を終わらせる事にしました。

f:id:Nayuho:20170210231055j:plain

4時50分くらいの秋葉原駅前。寝静まった街は良いですね。

5時になったので帰ります。

f:id:Nayuho:20170210231324j:plain家に着く頃には空が若干明るくなっていました。おねむです。バタンキュー。

けものフレンズ

時に2月6日月曜日、昼。春休みに入り4日目、特にする事もなくえらく退屈な時間を過ごしていました。こんな退屈なら夜に散歩にでも出かけるかとか思ったり。散歩の話はまた別に書きます。せっかく2ヶ月近くもある休みの最初の方で既に退屈となると、ダラダラ過ごしているだけで気がつけば4月になっていそうな気がして謎の焦りを感じていたところです。

Twitterのタイムラインが微妙に騒がしくなったのが丁度その頃、いつも語彙力の低いオタクたちが「すっごーい!」「たーのしー!」などとツイートをしていて、ついにオタクの語彙力も極限まで下がって言葉を覚え始めた幼稚園児並みになったのかと思ったりしました。けものフレンズ、このアニメがこのオタクたちの語彙力の低下を招いたものだと判明。

いつだかオタクたちが某アニメ映画で「俺はしっかり観て感想を言うからな」と言い残し映画館に入り、出てきたと思えば「○○はいいぞ」しか言わなくなった時のことを思い出しつつ、私もそのアニメを観てみる事にしました。

 

良いですね、けものフレンズ。久々にアニメでビビッときました。ブログを更新していしまうレベル。1話の戦闘BGM好き。

アニメ放送前にゲームが終了、アイキャッチが実写、ED映像がモノクロの廃墟写真などと言う不安要素しかない前情報を持って観たのですがまぁ〜〜〜〜面白いですねコレ。第1話の体感時間がキルミーベイベー並みでびっくりしましたが、現時点での最新話(第5話)まで観てから観直すと一瞬でこれまたびっくりです。コミックス買っちゃいました。キタキツネ可愛いッス。

アニメは一見アポカリプスものっぽいです。ぼくの好物。

サーバルとトキとアルパカがお気に入りです。というかみんな可愛い。

 

早く6話が観たい。

 

語彙力がなくなってきたので以上です。

 

色々と。

朝ですよ、朝。いまこの文章を打っている時点で4時29分。


さて、何故今更ブログを開設したかと言いますと、長文を書きたくなったからです。ちなみに長文を書くのは下手です。すみません。


私は以前もブログを持っており、2008年から2011年までの約3年間ずっと更新を続けていましたが、ツイッターの利便性や使いやすさ及び情報収集ツールとしての有用性に気付いた時には既にブログをほっぽっていました。そのブログで数多の黒歴史を生み出し、閉鎖(名目上)と共に多くの記事を必死こいて非公開設定にしていたのが懐かしいです。

嫌ですねぇ。ブログってやるもんじゃないですよ。


はい、というわけで新年です。2017年。平成29年です。皇紀にすると2677年かな?

新年なので昨年末の話をします。趣味のことやオタク特有の恋愛観の話もしたいのですが、後回しにします。恋愛は嫌いです。


コミケの話です。コミックマーケット。3日間参加してきました。C91で8回目の参加です。ここまで来ると流石に慣れてきましたが、まだ分からない事だらけだなと会場に足を運ぶ度に痛感します。

私の初コミケは高1の夏でした。オタクと化した中学生の頃から行きたいと思っていたのですが、資金難や偏見、恐怖心などで行けず。やっと参加の目処が立ったのは美味しい話が舞い込んで来たからでした。詳しくは言えませんがね。タイトル通り色々と。

C84は過去最高気温を記録し、東ホールにコミケ雲が発生するという巨大なサウナのような状態で開催されていたと記憶しています。

私はお使いを頼まれて買い回っていただけです。2日間参加して企業ブースパンフレットを2冊持って帰ってきただけだったのは良くも悪くもない思い出です。そういえば、企業パンフの表紙の子って毎回眼鏡っ娘なんですよね。眼鏡っ娘好きのくせに最近気付きました。

コミケというのは面白いところで、参加を重ねるごとに趣味の幅が広がって行くイベントであります。主な目的はR-18のすけべ本なのですが、たまに鉄道本やミリタリー本も買ったりします。商業誌が取り上げないニッチな内容を書き綴っている本とか大好物です。コミケに出されてる本は大体そうですよね。

このほど所持している同人誌が300冊を突破しました。8回参加して300冊は多いのやら少ないのやら... 毎回数万は飛ばしているのですが、新刊セットに金を取られて同人誌の冊数自体はあまり増えないのが現状です。金が欲しい本がほしい。

8回も参加してきますと、好きなサークルが出来てくるわけです。毎回買っちゃうところ。こういうサークルに限って大手や準大手なんですよね。完売したらやだなーって思いながらサークルチェックをしています。

C91でのチェックサークル数は109でした。仲間内からするとまだ少ないそうです。多いわ。


今回のコミケは、ビッグサイトに東7・8ホールが新設され、そこをサークルスペース及び更衣室とした過去最大規模のコミックマーケットとなりましたね。東7は見に行ってきたのですが柱が多くてどこぞにある地下貯水施設を彷彿とさせます。またこの柱が厄介で、サークルの番号がズレる原因になっているんですよ。例えば1ブロック10サークルあるとして、そのうち1サークル分が柱に取られて会場図では1ブロック9サークルになっているみたいな... 分かりにくいと思うけど伝われ(投げやり)。

東7・8ホールは1〜6ホールとは違い独立していて、今回はこのホール間移動で問題が発生したそうです。導線が詰まっちゃったとかね。スタッフも当日にならないと分からないなどと言っていましたし仕方がない事だとは思いますが、改善されてほしい一件です。


今回は面白い事がありましたね。有名どころですと叶姉妹の参加や比村乳業の恒例高速頒布などが挙げられますが、個人的には蒼樹うめ先生のサークル「apricot+」が数年ぶりに参加した事です。ひだまりスケッチが好きなひだまらーとして、うめ先生の本は外せません。もちろん購入しました。

うめ先生の前回参加が2012年、キャラデザを受け持った「魔法少女まどか☆マギカ」から1年、ひだまりスケッチ×ハニカムの放送があった年でうめ先生も忙しかったと思います。「apricot+」は以前の出展状況を見るに大混雑サークルで、今回は久々の出展で更に阿鼻叫喚なんだろうなぁと思っていましたが予想通りでした。会場前で待機列1000人超えとの情報も... 

うめ先生を拝む事が出来て私は満足でした。新刊の絵も可愛かったです。好き好き大好きやっぱ好きって感じ。次回参加も期待しております。


この時点で5時21分。一つの記事を書くのに1時間くらい掛けてるの面白いですね。

コミケの話も薄い内容を必死に引き伸ばしてる感じがします。数年ぶりのブログは慣れませんね。


それではまた。


血迷い

あのなゆほさん(@Nayuho6866)がブログを開設してしまいました。ツイッターに完全移行したなどとほざいていた中学3年生の頃の僕は何処へ。