第4回池袋鉄道模型芸術祭

3月も終わりに近づいてきた日曜日。24日に池袋の東京芸術劇場で開催された「第4回池袋鉄道模型芸術祭」のプラレール展示に伺って参りました。

そーさんさんにお声掛けを頂いていたものの、元々予定が入っていて開催日の両日とも不参加のつもりでしたが直前になって日曜日の予定がパアになり、そんじゃ行かない理由なくない?WowWowみたいなノリで池袋へ。

f:id:Nayuho:20190409010422p:plain

ぺたぞうさんのブースです。昨年夏のJAMでの展示でもお世話になりました。
地下の吹き抜けにある入場無料ゾーンでの展示です。

f:id:Nayuho:20190409010533p:plain

場所が場所なので都心を走る電車たちが...的なコメントを加えようと思ったのですが、車種が鉄オタセレクトすぎますね。挙げ句の果てに地面から583系が生えてます。

f:id:Nayuho:20190409010729p:plain

一畳。圧巻ですね〜。茶色の橋脚が会場の雰囲気にマッチして落ち着いた雰囲気を出しています。

f:id:Nayuho:20190409010921p:plain

新幹線の線路を走るのは私の0系と銀嶺の1000形C編成。基本的に運転会等で0系を走らせると子供ウケが最悪なんですが、流石鉄道模型のイベントに来る子供たち、「0系だ!」と声をあげてくれます。

f:id:Nayuho:20190409011231p:plain

池袋を通る路線と言えば山手線。4世代の車両が勢揃いしてオタクたちがニヤけてました。私もニヤけました。

f:id:Nayuho:20190409011335p:plain

流石の鉄オタキッズでも理解してもらえなかったネタ。お隣のレゴ鉄道ブースの方に「なんてマニアックなものを...」と言われてしまいました。

f:id:Nayuho:20190409011602p:plain

閉幕後の撤収作業。橋脚の収穫が旬を迎えています。

会場の復元後はぺたぞうさんを含め参加メンバーで談笑。その後は帰宅組と夜ごはん組で別れて解散。「サイゼよりガストにしない?」の一声でガストに行きました。

以前から面識があった寅さんとここで初めて相互フォローに。コミュニティの拡大です。

23日に参加した福遠さんの記事はこちら↓

tenousu-4472.hatenablog.com